• 代表

一流

先日、とあるアーティストの方にお会いする機会がありました。

日本を代表するダンスボーカルユニットの1メンバー。

自分自身も学生時代からテレビを通じて知っているメンバーの一人です。

簡単な話をして、「改善したい動き等はありますか??」とこちらから尋ねると、目の前で超人技のようなダンスを10秒ほど披露してくれました(笑)動きが複雑すぎたので、もっとシンプルに「これ!」という動きはありませんか?と尋ねるとジャンプして体を捻る動きを披露してくれました。

その動きを機能解剖学に当てはめて必要な筋肉を頭の中でリストアップ。そして、その筋肉に刺激を入れるエクササイズを1つだけレクチャーさせていただきました。印象的だったのは、そのエクササイズを始めた瞬間は軸のズレなどがバラバラだったにもかかわらず、回数を重ね「意識」するポイントをお伝えしていくと、フォームが変わる変わる!体の適応能力に驚きでした。

話の最後には体のメンテナンス方法から東洋医学まで多岐にわたる話で終了。

その時間、約15分ほどでしょうか?

で、私がその15分で感じたこと。

何が言いたいかといいますと、

びっくりするくらい、素直な方だったこと

自分の体に関して「良いコト」となれば、めちゃくちゃ聞く。

それも、目をキラキラさせながら聞く。

まるで子供のように。

まるで、スポンジのように。

どんどん、吸収していく。

この方は一流だから「素直」になったというよりは、

「素直」であるから一流になっておられるのかな〜っと。

どうしても頭が固くなると、他の意見を聞くことができなかったり、

自分の枠を広げることが怖かったり。

でも、自分が変わるためのヒントは「他人」や周りの「環境」にあったりすることも。

自分にできることは全うして、「できないこと」や「知らない」ことは、

周りに委ねる。

分かったような振る舞いよりも、「素直」に聞く。

そして「素直」に取り入れる(行動してみる)。

そんな多くのことを学び、気づかせていただく機会となりました。

出会いに感謝ですね!

では、また!

代表

ブログのご意見、ご感想などはお気軽のメッセージ下さい!

smileupsalon@gmail.com

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示